戒名は自分でつけてもいい?

最近、妻の叔母が亡くなった。長く患っていて、昨年から自宅療養中だったが、容体が急変して緊急入院して、病院で亡くなったとのこと。
叔母は葬儀は身内だけで簡単に済ませてほしいと言っていたようで、ほぼ家族葬のような規模で葬儀は執り行われた。
むしろ家族葬よりもこぢんまりしていた。通夜はなく、葬祭場の安置施設に簡易の祭壇が置かれ、線香が焚かれていた。その翌日告別式だけが普通の形式で執り行われた。叔母のご主人(つまり叔父)は30年以上前に亡くなっていて、私は面識はない。叔母には養女が一人いて、その旦那が喪主をしていた。なので親戚関係は叔母の姉(妻の母=私の母)と義姉、その子供たち(妻など)くらいで、あとは叔父方の親戚なのか見知らぬ人が数人、合計20人ほどの静かな告別式だった。
特に宗旨はなかったらしいが、葬祭場の繋がりで真宗の僧侶が一人お経を上げて、叔母に引導を渡した。
戒名は○○大姉という立派なものだったが、喪主である義理の息子が考えたとのこと。僧侶に頼むと戒名料として50万円は払わなければいけないような戒名だ。でも、自分で考えたので費用は掛かっていない。確かに戒名は自分や周りの人がつけてもいいのだが、なんとなく世の中のしがらみがあって、菩提寺の僧侶や葬儀社と繋がりの深い僧侶に頼んで戒名を付けていたのだ。
だけど、亡くなった叔母には宗旨はなかった(あるいは誰も知らなかった)ので、なんのしがらみもなく、喪主が立派な戒名をつけたのだ。なんだかすごくいい話を聞いた気分だ。自分も今から自分の戒名を作っておこうかな。。。